HOME > 共済商品のご案内 > 火災共済・自然災害共済 > よくあるご質問
火災共済・自然災害共済
火災共済+自然災害共済で建物や家財の被害をしっかりカバーします

こちらは共済の概要を記載したものです。ご契約にあたっては「JP共済(ポストライフ)
NEWS・重要事項説明書」を必ずご覧いただき、制度内容をご確認ください。

  • 制度のポイント
  • 保障内容
    • 火災等の場合
    • 風水害の場合
    • 地震等の場合
    • その他
    • 各種特約
  • 加入基準・掛金
  • 住宅の構造区分
  • よくあるご質問
    • 火災共済
    • 自然災害共済
    • 各種特約

よくあるご質問

火災共済

【加入条件】 どのように加入すればよいですか?(保障額(加入口数)について)

住宅の所在地、延面積、構造、世帯人数、世帯主の年齢により、必要保障額(加入基準口数)が異なります。必要保障額(加入基準口数)は、こちらから算出いただけます。

【加入条件】 同一敷地内に建物が複数ありますが、どのように加入したらよいですか?

共済契約は、住宅1棟につき、1つです。したがって、保障の対象とする住宅ごとに火災共済にご加入いただきます。

【加入条件】 「省令準耐火構造」や「準耐火構造」の住宅は、火災共済でいう「鉄骨・耐火構造」として加入することができますか?

当該住宅については、ほとんどのケースで「木造・モルタル等」に該当します。火災共済にいう「鉄筋コンクリート等」については、こちらをご参照ください。

【加入条件】 別生計の親名義の実家は加入できますか?

ご加入いただけません。火災共済に加入できる住宅は、「組合員本人」または「組合員と同一生計の親族」が所有し、人が居住している住宅です。

一覧へ

自然災害共済

【加入条件】 どのように加入すればよいですか?(保障額(加入口数)について)

火災共済契約と「同口数」でのご加入となります。
火災共済の必要保障額(加入基準口数)は、こちらから算出いただけます。

【加入条件】 どのように加入すればよいですか?(契約タイプについて)
より充実した保障が得られる「大型タイプ」へのご加入をおすすめします。
適正保障額(適正加入口数)は、こちらから算出いただけます。
【加入条件】 自然災害共済のみの加入はできますか?
自然災害共済のみの加入はできません。自然災害共済は、火災共済とセットでご加入いただきます。加入できる建物・家財の条件は、火災共済と同様です。
【保障内容】 地震により建物に被害がありました。共済金の支払対象となりますか?
建物の損害額が100万円を超える場合は、地震等共済金をお支払いします。なお、建物の損害額が100万円を超えない場合であっても、家財の損害額が100万円を超える場合には一部壊とみなし、家財について地震等共済金をお支払いします。
一覧へ

各種特約

【特約】 不注意から火事を発生させてしまい、自宅だけでなく隣家が延焼してしまいました。加入している火災共済で隣人に保障することはできますか。

火災共済では隣家の損害まで保障することはできません。 ただし、契約者が隣家に対してお見舞金を支払った場合には、失火見舞費用共済金のお支払対象となります。

また、隣家への延焼による損害を保障するためには「類焼損害保障特約」を付帯する必要があります。

なお、法律では失火者に重大な過失がない時は賠償義務を負わなくてよいことになっています。
したがって、自分で放火したとか、明らかな不注意など、故意または重過失が認められなければ損害賠償義務は発生しませんが、近隣関係を大切にされる場合は是非備えていただきたいものです。

【特約】 個人賠償責任共済を付帯すれば、類焼損害保障特約を付帯しなくても隣家への延焼による損害は保障されますか。
個人賠償責任共済は、契約者が居住する住宅の所有・使用・管理に起因する偶然の事故で被共済者が法律上の損害賠償責任を負った場合の損害対して共済金を支払うものです。火災による延焼などといった場合、失火法により失火者に重大な過失がない場合は損害賠償義務がないため、個人賠償責任共済の対象とはなりません。類焼損害特約を付帯いただくことをお勧めします。
【特約】 不注意から借りているアパートを全焼させてしまいました。失火法により、重過失でない限り法律上の損害賠償責任はないのでしょうか。
借りている部屋に損害を与えた場合は、失火法の対象外ですが、貸主に対する賠償責任が生じます(原状回復義務)。火災以外にもお風呂の水を出しっぱなしにして建物に損害を与えた場合等、貸主に対する賠償責任に備え、借家人賠償責任特約の付帯をお勧めします。
【特約】盗難保障特約を付けると自然災害共済の盗難共済金と両方支払われるのですか?
盗難保障特約は火災共済のみの加入で家財に30口以上加入されている場合に付帯できます。自然災害共済を付帯されている場合は付帯できません。
【個人賠償責任共済】 自動車事故で損害賠償が発生した場合も適用になりますか?
個人賠償責任共済は、自動車、バイクなどの車両、船舶、航空機、銃器の所有・使用・管理に起因する場合対象外です。
【個人賠償責任共済】 マイカー共済で自転車賠償責任特約を付帯していますが、申込書に記入するべき「他の保険」にあたりますか?
「他の保険」にあたります。偶然な事故により法律上の損害賠償責任を負担することによる損害を保障する保険・共済はすべて「他の保険」となります。
一覧へ
その他の共済のよくあるご質問はこちら
  • 制度のポイント
  • 保障内容
    • 火災等の場合
    • 風水害の場合
    • 地震等の場合
    • その他
    • 各種特約
  • 加入基準・掛金
  • 住宅の構造区分
  • よくあるご質問
    • 火災共済
    • 自然災害共済
    • 各種特約

HOME > 共済商品のご案内 > 火災共済・自然災害共済 > よくあるご質問