HOME > JP共済生協について

JP共済生協について

JP共済生協は郵政関連企業で働く仲間のための保障の生協です

31万人の仲間でつくる助け合いの輪にあなたも入りませんか?
組合員の皆さまとご家族が、安心して暮らしていくために
JP共済生協は、正式名称を「日本郵政グループ労働者共済生活協同組合」といい、消費生活協同組合法(生協法)に基づき、厚生労働省の認可を受けて設立された共済事業を行う生活協同組合(生協)です。
郵政関連企業で働く仲間のための保障の生協として、助け合いの心からうまれた共済商品を通じ、組合員の皆さまとご家族に「安心」をお届けしています。
「生協」とは営利を目的としない組織
「生協(生活協同組合)」とは、生活をより良くしたいと願う人びとが集まって組合員となって事業を行い、その事業の利用を中心に、皆で活動を進めていく営利を目的としない組織です。
生協は、組合員が出資し、利用し、運営する組織であり、「出資・利用・運営」が三位一体となっている組織です。
「共済」とは働く仲間の相互の助け合い・支え合いの制度
「共済」とは、将来発生するかもしれない事故に備えて、組合員があらかじめ一定のお金(掛金)を出し合って協同の財産を準備し、万一事故が発生したときには、その財産から共済金をお支払いするという「相互扶助」の精神から生まれた助け合いの制度です。つまり、組合員の誰かが困ったときに、他の組合員が全体で助けるという仕組みです。

JP共済生協(正式名称:日本郵政グループ労働者共済生活協同組合)

JP共済生協は消費生活協同組合法(生協法)に基づき、厚生労働省の認可を受けて設立された生活協同組合です。発足以来、郵政関連企業で働く方のために、保障の事業を行う生協として営利を目的とせず、健全な事業運営を行っています。

日本郵政グループ労働者共済生活協同組合
理事長 小俣 利通

事業概況等はこちら
HOME > JP共済生協について