HOME > 共済商品のご案内 > 新せいめい共済 > よくあるご質問
生命共済
あなたの万一のとき、あなたとご家族を大きな安心で支えます

こちらは共済の概要を記載したものです。ご契約にあたっては「JP共済(ポストライフ)NEWS・重要事項説明書」を必ずご覧いただき、制度内容をご確認ください。

  • 制度のポイント
  • 保障内容
    • 定期生命プラン
    • 終身生命プラン
  • 加入基準・掛金
    • 定期生命プラン
    • 終身生命プラン
  • よくあるご質問

よくあるご質問
組合員本人が加入せず、家族のみ加入させることはできますか?
ご加入いただけます。
組合員の配偶者、組合員と同一生計の子、父母、孫、および兄弟姉妹の皆さまでご加入ください。
生計が同じであれば既婚の子どもでも加入できますか?
ご加入いただけます。
同一生計のお子さまであれば既婚、未婚は問いません。
加入している家族が別生計となりました。引き続き加入するためにはどのような手続きが必要ですか?
組合員と同一生計の方が別生計となった場合、ご自身が全労済組合員として契約者となる必要がありますので、最寄りの全労済にて手続きをお願い致します。なお、全労済組合員となるにあたっては、出資金が必要となります。
リビングニーズ特則とはどのようなものですか?また、誰が請求できるのでしょうか?
リビングニーズ特則は、被共済者が余命6カ月以内であると診断されたときに、基本契約による死亡共済金にかわって「リビングニーズ共済金」として全額または一部を生前に前払いとしてお支払いする制度です。
共済金の請求は、ご契約者または指定代理請求人(特に指定がある場合)に手続きをしていただきます。ご請求には所定の書類が必要となりますので、全労済共済金センター(TEL:0120-580-699 受付時間 平日9:00~19:00)までお問い合わせください。
リビングニーズ特則の共済金支払条件である「余命6カ月以内」というのは、どのように判断するのでしょうか?
リビングニーズ特則の「余命6カ月以内」に該当するか否かは、専用の診断書の内容をもとに、ご契約の引受団体である全労済が判断いたします。なお、ご提出いただいた診断書の記載内容について確認が必要な場合には、所定の確認(医師への照会等)をいたしますので、あらかじめご了承ください。
リビングニーズ共済金の請求手続きを行っていましたが、手続きの間に被共済者が亡くなりました。請求中のリビングニーズ共済金はどうなるのでしょうか?
リビングニーズ共済金は、共済金が支払われる前に被共済者がお亡くなりになった場合には、リビングニーズ共済金をお支払いせずに死亡共済金をお支払いいたします。そのため、共済金は死亡共済金受取人からあたらめてご請求いただきます。
契約者(組合員)が死亡した場合、家族の契約はどうなりますか?
その時点で契約は終了します。
それ以後は、被共済者(ご家族)を契約者として全労済でご契約いただくことができます。
詳しいお手続きは、ポストライフサービスセンターまでお問い合わせください。
その他の共済のよくあるご質問はこちら
このページは全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)の「個人長期生命共済」の概要をご紹介したものです。
ご加入に当たっては必ず「ご契約のてびき」をよくお読みください。
  • 制度のポイント
  • 保障内容
    • 定期生命プラン
    • 終身生命プラン
  • 加入基準・掛金
    • 定期生命プラン
    • 終身生命プラン
  • よくあるご質問

HOME > 共済商品のご案内 > 新せいめい共済 > よくあるご質問