HOME > 個人情報および特定個人情報にかかる保護方針

個人情報および特定個人情報にかかる保護方針

組合員・お客様に関する個人情報および
特定個人情報(マイナンバー等)の取扱いについて

 JP共済生協は、組合員・お客さまから信頼される共済生協を目指し、組合員・お客さまに各種共済商品、各種サービスを提供しています。組合員・お客さまからお預かりした情報は、個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」といいます。)および行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下、「番号法」といいます。)等の関係法令に則り、必要な管理体制のもとに正確性・機密性・安全性の確保に努めます。

情報の取得と利用目的
 JP共済生協は、組合員・お客さまにより良い共済商品・サービスを提供させていただくため、また番号法に定める対応を行うために組合員・お客さまに関する必要最小限の情報を取得し利用させていただきます。
  なお、個人情報保護法および番号法において例外的に利用が認められている場合は、以下の利用目的を超えて利用させていただくことがあります。
1. 個人情報について
 組合員・お客さまの個人情報は、ご本人かどうかの確認、共済契約の締結・維持管理、共済金のお支払いなどを含む共済契約の判断に関する業務や、JP共済生協の事業、各種共済商品、各種サービスのご案内などの目的のために利用させていただきます。
 また、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱う場合は、あらかじめご本人の同意をいただきます。
2. 特定個人情報について
 組合員・お客さまの特定個人情報は、共済契約にかかる支払調書の作成事務などの目的のために利用させていただきます。


取得させていただく情報の種類
1. 個人情報について
 組合員・お客さまの住所、氏名、生年月日、性別、電話番号、その他共済契約の締結、共済金のお支払い等に必要となる情報や、JP共済生協ホームページ等に登録された組合員・お客さまのメールアドレス等の情報を取得させていただきます。
2. 特定個人情報について
 組合員・お客さまの個人番号(マイナンバー)および本人確認のための必要最小限の情報(住所、氏名、生年月日、性別等)を取得させていただきます。


情報の取得方法
1. 個人情報について
 主に申込書・契約書やアンケートにより、組合員・お客さまの情報を取得させていただきます。協力団体・労働組合等を通じて共済を利用される組合員・お客さまについては、所属されている協力団体・労働組合等を経由して、共済に係わる組合員・お客さまの情報を取得させていただきます。
2. 特定個人情報について
 共済金請求書などの請求にかかる帳票、または特定個人情報にかかる専用の帳票により、情報を取得させていただきます。


情報の管理
 JP共済生協では、組合員・お客さまから取得する情報について、「個人情報保護規程」および「特定個人情報保護規程」にもとづき以下のとおり安全管理に努めます。
1. 保管について
 情報の保管については、管理責任者等の設置や情報セキュリティ対策等をはじめ必要かつ適切な措置を講じるとともに、組合員・お客さまの情報の漏えい、紛失、き損または情報への不正アクセスなどの防止を図るなど、情報の安全管理に努めます。
 また、組合員・お客さまの個人情報および特定個人情報については、それぞれの利用目的の達成に必要な範囲内において正確かつ最新の内容とするように努めます。
 なお、関連事業会社・共済代理店等に事務処理を委託する場合には、委託先に対して、組合員・お客さまの情報の適切な管理を求めるとともに、目的外の利用を行わせない等の必要かつ適切な委託先の監督に努めます。
2. 情報の廃棄等について
 情報の廃棄等については、法令で定める保存期間を経過する等、保管する必要性がなくなった場合には、速やかに、復元不可能な手段で廃棄又は削除します。


情報の利用・提供
1. 個人情報について
 JP共済生協では、組合員・お客さまの個人情報を業務上必要がある場合にのみ利用し、以下の場合を除いて、組合員・お客さまの個人情報を外部に提供することはありません。

(1)組合員・お客さまが同意されている場合
(2)法令により必要と判断される場合
(3)組合員・お客さままたは公共の利益のために必要と考えられる場合
(4)
 
 
 
 
 
 
 
業務提携先等との間で、JP共済生協が保有する共済契約等に関する所定の情報(以下、「個人データ」といいます。)を共同して利用させていただく場合で、以下のことをあらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているときには、個人情報保護法にもとづき第三者への提供には該当しないものとします。
ア.共同利用する旨
イ.共同で利用される個人データの項目
ウ.共同して利用する者の範囲
エ.利用する者の利用目的
オ.当該個人データの管理について責任を有する者の氏名または名称
2. 特定個人情報について
 JP共済生協では、組合員・お客さまの特定個人情報は取得目的および番号法の定める範囲内でのみ利用し、番号法に定める以下の場合を除いて、利用目的を超えて利用することはありません。

(1)激甚災害時に組合員・お客さまに共済金等のお支払いをする場合
(2)
 
人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、組合員・お客さまの同意がある場合、または組合員・お客さまの同意を得ることが困難である場合

共同利用
 JP共済生協では、共済契約の維持および共済金のお支払いの適正化などを目的に、それぞれ行政庁および共済事業団体・生損保各社等との間で、保有個人データを共同して利用させていただきます。
なお、特定個人情報については、共同利用することはありません。
開示・訂正・利用停止等のご請求
 JP共済生協は、組合員・お客さまからご自身の個人情報、または特定個人情報について開示のご依頼があった場合は、ご本人であることを確認させていただいたうえで、特別な理由のない限り開示いたします。
 また、お預かりした情報が不正確である場合には、正確なものに訂正させていただきます。
 なお、利用目的を超えた情報の利用または不正な手段による情報の取得を理由として取扱いの停止を希望される場合のほか、組合員・お客さまの個人情報については、ダイレクトメール・電話・Eメールによるご案内などへの利用を希望されない場合にも、特別な理由のない限り取扱いを停止させていただきます。

個人情報および特定個人情報の開示・訂正・利用停止等のお問い合わせ先

JP共済生協は、個人情報の取り扱いに関する苦情やご相談に対し、適切かつ迅速に対応します。
JP共済生協の個人情報の取り扱いに関するご相談・お問い合わせは、下記にご連絡いただきますようお願いいたします。
03-5785-6880 【受付時間】9:00~17:45(土・日・祝日を除く)
責任者名称 JP共済生協(日本郵政グループ労働者共済生活協同組合)

個人情報および特定個人情報の共同利用細則

共同利用される個人データ項目(ご契約者様・被共済者様)
(ただし、利用目的達成のために必要なデータに限定して提供いたします)
(1)住所
(2)氏名
(3)性別
(4)電話番号、FAX番号
(5)Eメールアドレス
(6)生年月日
(7)契約内容
(8)勤務先情報
(9)指定口座
(10)その他共済契約の業務遂行に必要な情報
(11)年末調整関係情報
共同利用者の範囲
(1)日本郵政グループ労働組合(JP労組)
(2)全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)
(3)日本再共済生活協同組合連合会(日本再共済連)
(4)株式会社 郵愛
共同利用者の利用目的
(1)共済契約の締結・維持管理、共済金の支払い業務等
(2)再共済契約の締結・維持管理、再共済金の請求・受領業務等
(3)付帯サービスの提供及び共同利用者の提供できる他の各種商品・サービスの提供・案内
(4)問い合せ・依頼等への対応
当該個人データの管理責任者
JP共済生協(日本郵政グループ労働者共済生活協同組合)
HOME > 個人情報および特定個人情報にかかる保護方針