HOME > 生活保障設計アドバイス

生活保障設計アドバイス

生活の基盤を揺るがす大災害や命の危険が身近に潜む交通事故に対し、JP共済生協の火災共済・自然災害共済、交通災害共済、マイカー共済でしっかり備えましょう。

火災共済・自然災害共済のポイント

 自然災害の多い日本! いつ起きてもおかしくない火災そして風水害や地震・・・日常生活を営むうえでの様々なリスクに対し、不安に思いながらも備えが後まわしになっていませんか? 必要なのは、いざというときに「生活を立て直す」ための備えです。万一のことが起きた場合でも、今までどおりの生活を一日も早く取り戻せるように住まいの保障を見直しましょう。
 また、住宅ローンを組んだ際にセットで契約したという方もいらっしゃると思います。一般的には借入額弁済のためのものであり、生活再建のためのものではありません。以下の視点からご契約内容の確認をしてみてはいかがでしょうか。

1.火災共済には地震等の被害の補償がありません 自然災害共済もセットで加入し、しっかり備えましょう

 「住まいの保障」といえば火災共済。火災共済ですべての災害がカバーされると思いがちですが、火災共済では地震・噴火・津波による被害は保障の対象となりません。地震等の被害も保障する自然災害共済にもセットで加入することが必要です。

火災共済のみの加入の場合/火災共済と自然災害共済にセットで加入した場合
2.住宅のみの加入では家財の被害は保障されません

 火災共済(保険)には住宅に対するものと家財に対するものがあり、住宅と家財とそれぞれ契約します。住宅のみの加入ですと、家財の被害は保障されません。
 家財一つひとつは大きな額ではないかもしれませんが、大きな災害にあった時など、当面必要な家財だけでも買い揃えようとすると、まとまった額の自己資金が必要となることもあります。「住宅」と同じように「家財」についてもしっかり備えましょう。

住宅のみ加入した場合/住宅と家財両方に加入した場合
3.万一のときの「必要保障額」を基準に契約しましょう。

 万一のときに後悔のないよう、しっかりと「必要保障額」を基準に契約しましょう。ここでいう必要保障額とは、住宅や家財が災害に遭った際、元通りの生活を再建させるのにいくらかかるかの目安です。火災共済・自然災害共済では、住宅の所在地や坪数、家族人数等で、必要保障額の基準を設けています。
 既に他社等で同様の契約がある場合でも、万一のときに再建ができる保障内容になっているか、また保障をつけすぎていないか、今一度確認してみましょう。

火災で全焼した場合の例 少ない共済金額で契約した場合 必要保障額を基準に契約した場合
4.特約等を活用して自分だけでなく他人に対する保障についても考えてみましょう

 自分の財産だけでなく、はからずも他人の財産を侵してしまった場合の備えとして、火災共済・自然災害共済には「類焼損害保障特約」「借家人賠償責任特約」「個人賠償責任共済」という3つの特約があります。火災共済30口以上加入している場合につけることができますので、皆さまの生活形態にあわせて活用をしてみてはいかがでしょうか。

◆賃貸住宅にお住まいの方へ

 自分の過失で、火災・爆発・漏水事故が発生した場合の備えはされていますか?
大家さんに対しては「借家人賠償責任特約」を、お隣りや下の階の方に対しては、「個人賠償責任共済」を活用して、賃貸住宅に住んでいるからこそのリスクに、しっかり備えましょう。

◆持ち家にお住まいの方へ

 たとえば、自分の家が火元になった時のことを考えてみましょう。重過失の場合を除き、他人宅への類焼は損害賠償責任が生じませんが、被害に遭った方が共済(保険)などで損害分を賄えない場合もありえます。
 「類焼損害保障特約」は近隣の住宅およびそこに収容される家財に生じた損害を保障します。地域で生活していくうえで、近隣の方との関係はとても重要ですから、この特約があると安心ですね。

◆その他、日常的な賠償責任が心配な方へ

 日常生活では様々なことがあります。たとえば、自転車で衝突して歩行者にケガを負わせてしまい多額の賠償金が発生するような事故も増えてきています。
 新設された「個人賠償責任共済」は日常生活に起因する偶然の事故により法律上の賠償責任を負った場合の保障で、組合員様はもちろん同居・同一生計のご親族の賠償責任までカバーします。いつ誰がどのような「当時者」になるか分かりませんから、お守り代わりに付帯することをお勧めします。

交通災害共済のポイント

交通事故ととなり合わせの職場だからこそ

「万一の交通事故、命は助かったものの・・・」
救命救急医療の発展、自動車の安全性の向上により死亡事故は減少しましたが、身体に重度の障害が残ったり、療養期間が長期にわたったりと、交通事故によるケガの保障の必要性はますます高まってきています。
JP共済生協の交通災害共済は、「基本制度」と「保障制度」を組み合わせることにより、
死亡 障害 入院 療養 手術 通院 の保障が得られます。

1.まずは基本となる「基本制度」への4口加入をおすすめします

「基本制度4口」に加入の方が「保障制度」に加入することができます。

2.通院・手術に対する保障は「保障制度」でカバーできます!

「基本制度」のみの加入では、通院・手術に対する保障がありません。
交通事故に対する保障をより確実にしていただくために、通院・手術の保障がある「保障制度」へのご加入をおすすめします。
「基本制度」と「保障制度」の両制度にご加入いただくことで、万一の事故に対する備えを総合的に確保していただけます。


 
保障制度は東京海上日動火災保険株式会社を引受保険会社とし、JP共済生協を契約者とする「団体総合生活保険」です。

 
基本制度に4口加入している方が保障制度(1口~16口)にご加入いただけます。保障制度のみの加入はできません。
保障制度は、共済期間中の中途加入および増口・減口ができません。

マイカー共済のポイント

相手にも自分にも、そして車にも!もしも・・・に備えることはハンドルを握る運転者の責任です。
1.相手方には無制限の賠償を!ご自身方には人身傷害補償・車両損害補償をおすすめします
<対物賠償>

 
他人の所有する財物に損害を与えた場合に共済金をお支払いします。
対物賠償は「1,000万円」でも「無制限」でも掛金の差はわずかです。


 
他人の財物とは、車や身の回りの品とは限りません。店舗に損害を与えた場合、建物や器材の修復、商品の賠償の他、営業できない間の休業損害も賠償しなければなりません。
道路設備やトラックの積荷等についても想像以上に高額な賠償を求められることがあります。

 
対物賠償「1,000万円」のご契約で2,000万円の損害を与えた場合、マイカー共済で示談交渉できるのは1,000万円分の損害に対してのみです。速やかな解決のためにも「無制限」をおすすめします。
<人身傷害補償>

 
過失割合に関係なく治療費等を先払いしますので、皆さまはお金の心配をせず安心して治療に専念していただけます。

 
治療費・休業補償・精神的損害等、ケガをした当事者に対する補償はもちろん、後遺障害を負った方のご家族への補償や、ご家族が現地に行くための費用もお支払いするワイドな補償です。


 
実際にかかった治療費や休業損害等を実費でお支払いします。実費とは全労済が定める基準に基づき算出した額となります。ケガを負った方や亡くなった方の年齢、家族構成、職業、収入等々により認定額は異なります。なお、公的補償や実損てん補型共済(保険)から支払いのある場合には、併給されません。
<車両損害補償>
車の修理は見た目以上に費用がかかります。

 
新しい車へのお乗り換えや、免許を取り立ての不慣れなドライバーがいる皆さま
車庫入れに失敗、ガードレールや電信柱に接触・・・よくあることです。

 
勤や買い物など日常的に車を使う皆さま
駐車場に戻ってみたら車に傷が・・・こんな経験ありませんか?

 
台風、大雨、ひょう、雪など自然災害を心配される皆さま
豪雨で車が浸水、雪道でスリップ、ひょうが降って車に傷が・・・お天気相手に文句も言えず泣き寝入り。

 
車をローンで購入された皆さま
事故や風水害で車が使いものにならない、盗難に遭った・・・車は無くなってもローンは無くなりません。
車両損害補償は過失割合に関係なくお支払いしますので、示談の成立を待たずにお車の修理が可能です。
2.ご契約時点のリスクを考えましょう

マイカー共済の契約期間は1年です。子どもが将来免許をとるかも、結婚して別居になるかも・・・などと
先々まで考えて実態に合わない契約をする必要はありません。ご契約の期間内に運転者の条件や、お車に変更があれば、その時点から契約内容の変更ができます。掛金は、その時点から満期までの差額分を精算することができます。
今現在の必要条件でご加入ください。

3.最新の制度内容をよく確認しましょう

共済商品は常に組合員の皆さまのニーズをとらえ、随時制度の改定を行っています。したがって、以前は○○だったことが、☐☐に変更されていることがあります。
ご契約時点での制度をよく知っていただき無駄のない契約をしましょう。

例えば、こんな掛け方していませんか?
貨物車なので運転者年齢条件を「年齢を問わず補償」で契約しました。
 
子供が免許を取り、ときどき私の車を運転するので運転者年齢条件を子供の年齢に合わせて契約しました。
 
結婚して別居になった子が、ときどき運転するので運転者年齢条件を子供の年齢に合わせて契約しました。
無駄のない掛け方をしましょう
貨物車でも運転者年齢条件の設定ができます。
実態に合わせた無駄のない年齢条件でご加入ください。
お子様がメインドライバーでなければ、
子供特約でお子様の年齢条件を設定できます。
運転者の年齢条件とお子様の年齢条件の2本立てで設定すると無駄がありません。
結婚して別居になったお子様や別居のご親族は、年齢条件に関係なく補償します。
 
HOME > 生活保障設計アドバイス